☆その他のハチの巣駆除 速報



2015年5月9日(土)

お問い合わせ頂きましたのは
40代の女性でございました。

エアコンの室外機の中に
ハチに巣を作られて
しまったというのです。

室外機の中。
やっかいですね。

毎年必ず発生する案件でもあります。

だいたいの方がエアコンを
使用し出すのが6月くらいから
だと思うのですが、
スイッチを入れた途端に
室外機の中からハチが
一斉に飛び出してきて
一体何事かと驚かれる
というケースです。

一方のハチさんはといいますと、
皆が巣作りを開始し出すのが
4月頃からと、この時差が
室外機内部に巣を作られて
しまうということにつながります。

こちらの室外機内部に
巣を作るのはだいたいが
アシナガバチとなります。

内部へ出入り出来るのが
体のサイズ的にアシナガバチまでが
いっぱいいっぱい。

ということは、自分たちよりも
大きな天敵などから完全に
身を守ることが出来ます。

ですので、この室外機内部
というのはベストスポットと
なるのです。

そして、4月頃にはまだ
エアコンも使用されて
おりませんので、人の気配がなく
容易に侵入出来、巣作りを
開始するというわけです。

こんなことから
今までに室外機内部だけに
限らず、お家のどこかに
アシナガバチに巣を作られて
しまったことのある方などは
4月頃から意識的にエアコンを
定期的に使用するといったことが
未然に防止できる策かも
しれません。

そして、全く使用なさらない
ということでしたら、
カバーを被せるなどして頂くことを
お薦め致します。

こちらのお客様は
幸いこの時期の早い段階で
お気付きになられたので
巣もさほど大きくなっておらず
ハチの数もほぼ女王蜂の
一匹のみと思われますので
良かったものです。

なぜお客様は気付くことが
出来たのかといいますと、
実は去年にも別の室外機内部
にも巣を作られてしまった
ことがあったため、敏感に
点検して頂いていたようです。

しかも、今年に入り
もう既に違う箇所にて
巣を作られていて
ご自分で駆除なさったりと
いう状況だそうです。

やはりこちらのお客様も
エアコンは数台あるのですが、
ほとんどがあまり使用されて
いないということでした。

これはそちらの駆除プラス
やはりお客様に今後の対策などを
キッチリお伝えする必要が
ありそうです。

そして、お電話の段階で
料金等にもご納得頂けましたので
迅速にお伺いとなりました。

そして、現場に到着。

すると、エアコン室外機の内部に
ございました。

アシナガバチの巣です。

どうやら以前にも
そちらの室外機内部に
巣を作られていたみたいで、
均等に並ぶように合計3つの
巣がございました。

このうちの2つは
今シーズンの物のようです。

早期に発見して頂いたので
やはりまだ働き蜂は
産まれていないようで
女王蜂一匹のみでした。

その他にも数台室外機が
ございますので念のため
後程調査させて頂くことに。

そして、まずは外部より
薬剤を注入し、ハチを退治。

そして、室外機を分解し
巣の駆除です。

幸い奥深くに作られている
というわけではございません
でしたので難なく完了。

念のため内部には薬剤を
散布出来る箇所のみ
残留処理を実施。

続きまして、その他の
室外機も全て調査実施。

その内の一台は
お客様がおっしゃっていたように
ご自分で駆除なさった後が
ございましたので
こちらも根元よりキッチリと全て除去。
その時の巣が内部に転がって
おりましたのでそれも回収。

その他の調査の結果、室内の
壁に設置されている通気口の
内部のダクト部分にも小さな巣が
作られているのを確認。

幸い以前の巣でしたが、こちらも
キッチリと駆除。

その他のお家周辺も調査し、
巣がないことを確認。

しかしながら注意すべき点が
チラホラございましたので
全てご報告。

最終的にエアコン室外機関係の
今後の対策などを余すことなく
ご説明させて頂き全ての作業を
無事完了となりました。

皆様も蜂の巣の早期発見を
心がけて頂き、
大事に至る前に処理して
頂けたらと思います。


アシナガバチ駆除室外機



アシナガバチ駆除室外機



アシナガバチ駆除室外機



アシナガバチ駆除ダクト





その他地域ハチの巣駆除速報




電話番号はこちら



このページの先頭へ