☆堺市のハチの巣駆除 速報



2020年6月27日(土)

駆除の御依頼を頂きましたのは
大阪府堺市堺区在住の女性。

御自宅にハチに巣作りされてしまった
というわけではなく、ご実家にて
ハチに巣作りされているのを発見
なさったということでございました。

それは二階ベランダの片隅の完全な
死角となってしまっている箇所。

そちらのベランダではほぼ毎日のように
洗濯物を干していたのですが物陰に
隠れる形で巣作りされていたので
なかなか気付くことが出来なかったのです。

そしてつい最近に頻繁にハチの姿を
見かけるようになり、後を追って
みたところ、なんとそこには蜂の巣
があったのでかなり驚かれたのでした。

ハチの種類はアシナガバチ。

アシナガバチに関しても時期的に
そろそろ巣の内部の幼虫たちが多数
羽化し出す時期となり、働き蜂の数が
増加し出しているので、それだけ巣へ
出入りするハチの数が増え、目撃する
確率が高くなったというわけです。

ほんの二週間程前まではほとんど
働き蜂はまだ誕生していなかったの
ですが、つい最近に続々と働き蜂が
誕生している状況なのでそれだけ
危険性が高くなっているのです。

そして働き蜂が増加し出すと多数で
巣作りや子育てを行うことになるので
それだけサイクルは一気に加速化
していくのです。

ですのでこの時期以降は出来る限り
早期に発見し早期に駆除しておく
ことが重要になります。

ベランダへ出るのに支障が出て
しまっている状況なので迅速に御対応。

該当のベランダを確認。

するとそれはアシナガバチの巣で
間違いなく、何気に立て掛けられていた
放置物の物陰に巣作り!

アシナガバチ駆除ベランダ死角


なかなか発見が困難な箇所。

巣の大きさは直径5cm以上に成長
しており、働き蜂も多数誕生している様子。

巣作りされていることに気付かず
放置物を移動させるようなことが無く
不幸中の幸いでした。

移動させてしまった際、間違いなく
ハチを刺激していたはずなので
一気に襲われ刺されてしまって
いたかもしれなかったからです。

アシナガバチに関してはこちらから
手出ししなければ、ほぼ刺してくる
ことは無いのですが、巣作りされて
いることに気付かずに最接近して
しまったり、巣に振動を与えてしまう
ような事があれば一気に襲われ
刺されてしまうことになるので
アシナガバチといっても要注意です。

状況が把握出来ましたので駆除。

慎重に巣に最接近。

アシナガバチの巣駆除ベランダ死角


一気に薬剤散布で現時点で巣にいる
アシナガバチたちを全て駆除。

そして巣も跡形なく完全に除去。

アシナガバチの巣完全除去


巣の内部を確認しますとまだまだ
幼虫もサナギ状態のものも多数。

アシナガバチの巣内部


今後更にハチの数は増加していた
ことでしょう。

ここからは巣に戻ってくる戻りバチが
多数なので地道に捕獲駆除。

そして敷地内その他の箇所全域も
細部まで調査し、他では現時点では
巣作りされていないことを確認
出来ましたのでアシナガバチ駆除作業
の完了となりました。

そろそろ巣に対してのハチの総数が
増加し出す時期となりましたので
今一度御自宅敷地内全域の点検を
行って頂き、巣作りされているのを
発見なさった場合は出来る限り早期に
駆除を実施しておくことが重要です。

そして年中放置されている物が敷地内に
点在している場合はアシナガバチの
標的となりやすいので出来る限り収納
あるいは処分して頂き、巣作り
されにくい環境を構築していくことも
重要でございます。



2018年8月1日(水)

駆除の御依頼を頂きましたのは
大阪府堺市西区在住の女性。

御自宅お庭の植え込み内部に
ハチに巣作りされてしまった
ということで、ハチの種類はスズメバチ。

巣の大きさは直径10cm程。

今回たまたまお庭にてハチの姿を
見かけ、気になり後を追ってみた
ところ、なんとすぐ側の植え込み
内部へと侵入していくのを確認!

まさかと思い、恐る恐る近辺を
確認してみたところ、なんと
そこにはスズメバチの巣があったので
かなり驚かれたようです。

その後も様子を見ていると
頻繁に巣へハチが出入り!

こういうことだったのです。

今回お客様はたまたまハチの姿を
目撃し、巣を発見することが出来た
ので良かったのですが、植え込み
内部に巣作りされてしまうと
かなり発見が困難になり、そして
刺されてしまわれる方が多い
ポイントでもあるのです。

それはハチに巣作りされている事に
気付かず、植木の剪定などを開始して
しまい、巣に接触、ハチを刺激し
刺されてしまうのです。

こういった植木などに巣作りするのは
ほとんどがコガタスズメバチという
スズメバチで、このハチはスズメバチ
の中でも最も大人しいタイプのハチ
なのですが、巣作り箇所から考えると
厄介なスズメバチかもしれません。

早急に駆除となり現場にて該当の
植え込みを確認しますと、それは
コガタスズメバチの巣。

植え込み内部の足元辺りに巣作り!

コガタスズメバチ駆除植え込み


巣の大きさは直径10cm程。

夜間にお伺いとなりましたので
ハチの活動は停止している様子。

慎重に巣に最接近。

コガタスズメバチの巣駆除植え込み


夜間と言えども巣に振動を与えて
しまうと、一気に内部からスズメバチ
たちが飛び出してきてしまうので
決して油断は出来ません。

一気に巣の内部に薬剤注入し
全てのスズメバチを駆除出来た
ところで、巣も枝ごと完全に撤去。

巣の内部を確認しますと幼虫も
サナギもぎっしり状態でしたので
今後更にハチの総数は一気に増加
していたことでしょう。

まだ早期に発見出来て良かったです。

夜間駆除となりましたので
巣に戻ってくる戻りバチに気を使う
必要はなし。

念のためその他の箇所も調査し
他では巣作りされていないことを
確認出来ましたのでスズメバチ駆除
作業の完了となりました。

今回のケースのように植え込み
内部などにはコガタスズメバチが
好んで巣作りを行いますので
うっそうと生い茂った植木などを
剪定なさる際は必ず事前にハチが
内部へ出入りしていないかどうかを
よく点検してから行う様お願い致します。




堺市内ハチの巣駆除速報




電話番号はこちら



このページの先頭へ